人生落とし穴だらけ

落とし穴という名の沼にずぶずぶと落ちていく・・・油断禁物。中川翔子さんが10年好きです。V6と上山竜治くんと種村有菜先生とポケモンとサンリオを人生かけて応援したいです。あと漫画とアニメとバンドもたしなみます。落とし穴が多くて大変!

自転車記念日

前回ブログを書いてからちょうど1ヵ月

 

www.kwy55.xyz

 

なんと本日

 

LOOKのロードバイクを契約しました~~~~!!!!!

 

さっき気付いたけど今日って6/13じゃないですか。

 

運命すぎてる

 

購入に至るまでも自分的にはとてもドラマチックだったので、記録にも記憶にも残したいので書いておこうと思います!!!熱量MAX

 

私の運命が変わった瞬間

 

前回のブログがここ(アニメ初見)から5日後くらいに勢いに任せて書いているわけなんですけど、初めて自転車屋さんに自転車をみにいったのが5月末。

 

それより前には真波くんのお誕生日にブルーインパルスが飛んだり

 キャラソンにハマりまくったり

 とりあえず自転車に乗りたくなってママチャリレンタルしたり

 別チャンを買ったり、置く場所ないから買うつもりなかった単行本をアニメの続き巻(49巻)から大人買いしてみたり

かなり弱虫ペダルに気持ち持っていかれてる状態

 

そして自転車が欲しいとなるとまず候補に挙がるのが「推しの自転車」

私が推しているのは真波山岳くんです

f:id:kwy_55:20200613195115p:plain

http://yowapeda.com/chara/ 

えっ、かっこいい…

彼が乗っているのは白いLOOK

 

弱虫ペダルはちゃんと各キャラクター乗っている自転車が実在していて、調べるとたくさんまとめてあるサイトとかがあるんですね。便利な世の中です。

そしてお目当てのLOOKは?なになに、

 

推定60万円

 

おぉぅ

 

無理だわ。LOOK高い。さすがに。わたし初心者だし。そうだよね真波くんクライマー(山を登る人)だからそのためのレース向けの軽い自転車に乗ってるんだよ。かっこいいね。(関係ない)

 

ということがわかったので路線変更、でも白い自転車がいいな~という淡い期待を胸に自転車屋さんに行ってみることに。

 

ネットだとやっぱり金額感とかもあんまりわからないので実際に店頭に並ぶ自転車たちをみてほうほうこのくらいのお値段なのねと知見を深めるわたし。LOOKの自転車も並んでいるのをみたけどやっぱり40万円とか(しかもフレームだけとか)で、やっぱり手が届かないよな~と横目で眺め、キャノンデール(手嶋さん)やらビアンキ(荒北さん)やらが比較的リーズナブルに手に入りそう、かつ見た目もかわいい!

 

そして初心者あるある


ロードバイク VS クロスバイク !!ファイッ

 

わたしのステータス

・初心者

・スポーツ全般やらないから体力がない

・長距離乗る予定もない(乗れるかも不明)

・レースに出るわけでもない

・ご近所とかちょっとした買い物とかにも使えたら便利かも

 

ということでロードとクロスの違いは調べるとたくさん出てくるので割愛するとしても用途的には私にはクロスバイクが合っている模様。ロードはやっぱり長距離を早く走ることに長けているし、姿勢も前傾姿勢になるし慣れないとそもそも乗れるのかも心配。

 

ちなみに真波くんの乗っているLOOKからはロードバイクしか出ていなくて、ビアンキキャノンデールはロードもクロスも出していたりなのでそこはブランドにより異なる模様。クロスにするならLOOKはないので諦めもつくな~という感じ。

基本的にはどこのブランドもロードよりクロスのほうが安価。実際に見に行ってみるとだいたい平均するとクロスは5万円~(10万円前後)、ロードは10万円~(20万円前後~)という金額感でした。

 

大手チェーンでは並ぶ自転車がたくさんで楽しかったんだけど、お友達おすすめの近所にある個人の自転車屋さんにも行ってみることに。

そこはロードバイク専門店。

勇気を出してお店の人に話しかけると、色々親切に教えてくれて。

 

初心者なのに高いロード乗ってたら変かな?とか変に気にしてたことを全部払拭していただいて、しかもLOOKも比較的安価な完成車(基本はフレーム販売のブランドだけどフルセットのやつ)もあるとか色々教えてもらって、確かに高いけど買えないお値段じゃないということもわかり、何より「好きなキャラのブランドとか、気に入る見た目とかがあるなら大切して」と言ってもらったことによってこのお店からの帰り道、わたしの気持ちはロード購入に向かって走り出していたのです。

ちなみに毎年LOOKの新モデルが出るのは秋頃で、もともとが海外のブランドなので日本に流通するのは日本の大元締めのような代理店からが正式なルートで、そこの在庫を日本のLOOK取り扱いディーラー(各自転車屋さん)が注文する流れらしく、毎年人気のLOOKはほぼその時期の受注で在庫がなくなっちゃうらしいのです。


もちろんこのお店でも日本代理店の在庫を調べてもらったんだけどもうすでに在庫はなく、追加で海外から入荷する予定もない。今買えるとすると店舗に在庫を抱えているお店だけだと。(そのお店にももちろん店舗在庫はなし)

そんなこんなで白のLOOKに乗りたい欲が日に日に膨れ上がっていく中、再度大手チェーンのお店に行って店舗在庫を調べてもらうも、関東の行ける範囲の店舗ではSサイズの白が池袋に1台ある程度。ちなみにサイズはXSからあり、適正身長から考えると私はどうやらXSらしいのでそれも合うかどうかわからないという感じ。

なので白のLOOKに心が決まった私は、関東のディーラー店全部に電話して在庫確認していくか…なんて思っていたのです。

 

ただふと、LOOKの白にするとなると真波くんってそもそもどんな自転車なんだっけ?どのモデルをベースにしたやつだっけ?みたいなことが気になり始め、深夜の3時とかに色々過去モデルも含めて調べだすことに(寝ろ)

 

そうすると私個人の感性的に去年2019年のカラーリングの785のホワイトモデルがとても好みということが判明。

 

ちなみにモデルチェンジは毎年あって、前年と同じモデルの場合は数字(765とか)が変わらなかったり、数字は変わらなくても年によって微妙にカラーリングが変わったりと奥が深い模様。

今年(2020年モデル)のLOOKはモデル共通して白のカラーリングはブランドロゴのカラーが入ったようなカラーで統一されているけど、去年のモデルは今年と同じ765というモデルでも白い車体に少しだけ赤い差し色が入っていたり、785のモデルだと白黒だけだったり。

ちなみに現行モデルだと765がLOOKの中では一番安価な完成車モデルです。(それでもそこそこなお値段ですが)

ちなみに今年は最安価の完成車から白のカラーが落ちてしまったので、今年は黒のみ。白が欲しいとなるとそこから+10万円になってしまうのでそれも悩みどころでした。

(わたしの心の声)ウワー去年なら白あったのか〜〜〜白の最安価があれば高いけど給付金分も考慮して即決なのに…、来年の発表まで待ったら白復活しないかな…いやでも秋まで待つとなるとまだ期間空いちゃうし、世界的なコロナウイルスの影響で発表やら入荷やら遅れるかもってお店の人も言ってたし、ってなったら結局納車が冬とかになっちゃったらこの熱が冷めてしまって乗る気にならなくなるのでは?冬は寒いし!え、怖い!やだ!割と今乗りたい!

 

f:id:kwy_55:20200613203623p:plain

https://www.eurosports.co.jp/bike/index.html

↑ちなみにこれが2020年モデル

 

 

ただ、今年のモデルですらこんなに店舗在庫もなくて探すの大変だし、去年のモデルなんてヤフオクとか誰かの中古ならまだしも店舗在庫でしかも自分に合うサイズなんて絶対見つからないだろうな~なんて思いながらその日は明け方に寝ました。

 

そして翌日、いやいやないやろーと思いながらも、とりあえず探してみるかと思って検索やら画像検索やらを駆使して昨晩見た19年モデルのホワイトカラーのLOOKを探してみることに。まあだいたい出てくるのは2019年モデル発表当時(1年前)のブログやら在庫情報やら。そしてすでに「SOLDOUT」の表記ばかり。

そりゃそうだな~と思いながら見ていたら、日付が書いていなくて在庫処分価格!となっているページを見つける。しかもサイズはXS!これは!

 

なになに、お店の場所は名古屋

 

…名古屋。

 

 

うん、近いぞ!!(?)※数々の遠征により東海道新幹線沿線なら近いと感じる体に

 

 

いやでも日付書いてない、もうないかもしれない、でもあるかもしれない…!

 

意を決して電話してみることに。

私「あ、あの~すみませんHPみてロードバイクの在庫について確認したくお電話させてもらったんですけど、あ、ちなみに2019年のLOOK785のホワイトのXSサイズなんですけど(ここまで一息)」

お店の人「担当者に代わりますねー!」

私「あ、ハイお願いします」

(保留音)

担当の人「もしもし代わりました、LOOK 785 XSの在庫ですよね?」

私「はい」

 

・・・・・(頭の中ではドラムロール)

 

 

担当の人「ありますよ!お値段は在庫処分価格で○○円ですね~!」

 

?!?!?!

 

ある??!?!?!あるの???!?!?

 

しかも安い!!!!定価よりだいぶ安い!!!!!定価より安いから20年の765ホワイトと比べてもかなり安い!!!!!えっこんなことある?!

昨日「日本中探してもあるかどうか」ってツイートしたばっかりだよ??いいの?!?!?電話一発目だよ???!?!なんなら2020年モデルでも在庫探すためにディーラーリストにして上から電話しまくっていこうと思っていたのにだよ???!?!

 

でもそこの自転車屋さんの担当の方がとても配慮溢れる方で、対面販売のみなので名古屋に来てもらう必要があることや、ロードバイクはアフターメンテナンスが必要だから近くにメンテしてくれる店があるかどうかの確認なんかを冷静にお話してくださって、まずはご近所のお店が他店購入の自転車でもメンテしてくれるかを確認することに(ダメなお店もあるらしい、多分パーツの仕入れとかLOOKを取り扱ってないお店だと難しいからだと思われる)
そんなこんなでご近所のお店に電話し、メンテの件も確認し、さらにはサイズもテスト機で試させてほしいという図々しいお願いもし、それにも快諾していただき今日乗ってみてサイズぴったりなのも確認して、無事に購入決定の電話をしたのが今日!6/13です!!!!!!!

 

こんなにスムーズに自分の欲しかったブランド、カラー、デザイン、サイズの自転車に出会えて購入に進めるなんて!!!

納車は7月になる予定なのですが、たくさん愛していこうと思います!

まだまだ弱ペダは原作も連載が2本も続いているし(昨日の別チャンのスペアバイクで東堂さんが尊いすぎてぶっ倒れた)、公式からの供給もたくさんあるので破産に気を付けてコンテンツの沼に沈んでいきます。

 

本当に1ヵ月前の自分がこんなに早く自転車に手を出すと思っていなかったんですけど(買うとしてももっと悩んだりもっと時間かかると思ってた)、買ったからには買ってよかったと言える人生にしていくぞ!

夢は箱学の地元を自転車で走ることです。

時期外れにハマったくせに勢いあまってだいぶうるさいとは思いますがこれからもどうか暖かく見守っていてください。笑

 

おわり。